top of page

​石角友香の執筆ポートフォリオ

​情報誌の音楽担当を経て、音楽ライターとして独立。主に日本のポップミュージックの記事を執筆しています。インタビュー、ライブレポート、コラムなど、ドキュメント7、ジャーナリズム3ぐらいの意識で、現場にいるリスナーの感覚を重視しています。

プロフィール

​石角友香 Yuka Ishizumi

情報誌の音楽担当を経て、独立。主に日本のポップミュージックについて執筆しています。インタビュー、ライブレポート、音楽コラム、レビューなど。RealSound、OTOTOY、SPICE、Skream!、encore(有線のオウンドメディア)、DIGLE MAG、Spincoasterなどに寄稿。

​最近の記事

日常の風景や心象を描きつつ、鋭く社会と対峙するクールな作風を持つ下岡晃(Gt.&Vo.)と、同じプロセスを辿ってもどこか心温まるポップな楽曲へ落とし込む佐々木健太郎(Ba.&Vo.)。異なるふたりのフロントマンを擁する3ピースバンド、Analogfishのキャリアは今年で結成25周年を数える。DIGLE MAG​

忘れらんねえよが2024年のゴールデンウィークの3日間(4月28日、5月1日、5月3日)、既存97曲と新曲3曲のトータル100曲をやり切る「全曲LIVE〜忘れらんねえよの曲ぜんぶやる〜」を開催した。ここでは最終日の下北沢・近道の模様をレポートする。 ぴあ​

Bialystocksが2024年第1弾リリースとなる「近頃」をリリースした。同曲は映画化、舞台化と展開してきたアニメ『オッドタクシー』の世界から新たに誕生したドラマ『RoOT / ルート』(テレビ東京ほか)のオープニングテーマとして書き下ろされた1曲。若手探偵のバディものというテーマ性や、背景にある『オッドタクシー』の世界観がこの曲にどう落とし込まれているかなど、聴きどころも多い。エバーグリーンと新しさのどちらにも独特の距離感をとりながら、完成度の高い作品を送り出し続けるBialystocks。テンポ感や音像に新たなフェーズの到来も感じるこの曲の制作プロセスについて聞いた。Real Sound

odolがニューアルバム『DISTANCES』を携えたライブを大阪・東京で開催。ここではSoldOutした2本目の東京公演をレポートする。ちなみに東京でのスタンディングのワンマンライブはなんと5年ぶりである。SENSA​

現行のミュージック・シーンのあらゆる場面で活躍する辣腕ミュージシャン集団でもあるBREIMENが、現体制でリリースした3作のアルバムでそのオルタナティヴ・ファンク・サウンドの可能性を開陳してきたタイミングの昨年10月に、メジャー・デビューを発表。バンドで作る音楽の新しさや面白さをアップデートし続ける5人の動向はミュージック・ラヴァーにとって気になるところだが、今回リリースされるニュー・アルバム『AVEANTIN』を機に、彼らの音楽的な享楽と狂気はより広いフィールドに波及することだろう。ここではメジャー・デビューに至る経緯や本作の軸になった楽曲などについて、メンバー全員インタビューを実施した。Skream!​

ここまで渇望感に満ちた初ワンマンライブというものを久々に目撃した。それは後ろのドアまで満員のフロアに立ちこめる熱気だけのせいじゃないだろう。LAMP IN TERREN(以下、テレン)、そしてEnfantsの動向を追ってきたファンには知られていることだが、テレンの活動終了後、松本大(Vo&Gt)のソロプロジェクトでもユニットでも、バンドでもないスタンスで正体を明かさずスタートしたEnfants。音源をリリースするまでは何の先入観も抱かず、音楽と正面衝突して欲しかったのだろう。1st EP「Q.」リリース後は……

DI:GA ONLINE

go!go!vanillasが、10周年のメモリアルツアー『DREAMS TOUR 2023-2024』のファイナル公演を幕張メッセで開催。3月9日のDAY1は「MAKE MY DREAM」と題したワンマン公演、3月10日のDAY2は[Alexandros]、sumika、04 Limited Sazabys、My Hair is Bad、マカロニえんぴつ、UNISON SQUARE GARDENを迎え「MAKE YOUR DREAM」と題した対バン公演として行われた。ここでは、ワンマン公演「MAKE MY DREAM」の模様を振り返る。Real Sound

怒りや反抗ではなく、日常で感じる嫌なことや疑問を1テーマでシンプルなロックンロールに乗せて放つバンド。そんなイメージを持っていた男女スリー・ピース・バンドのハシリコミーズ。そんな彼らもリリースを重ねて今回のニューアルバム『I Love you! next to music』ではソウルやファンク、80年代ニューミュージックの影響を感じさせる楽曲も聴かせてくれる。OTOTOY

2023〜2024年の主な執筆記事

SIRUP、Taka Perry / インタビュー

SIRUPがオーストラリアのプロデューサー・Taka Perryをサウンドプロデュースに迎えた「GO!!」を1月にリリース。2024年第1弾シングルの同曲は自動車ブランドMINIの新モデル「MINI Camden Edition」とのコラボ曲で、CMのためにSIRUPが書き下ろし、自ら出演も果たした。ファンキーなベースラインと爽快なビートが、さりげなく新たなアクションを促してくれる1曲だ。今回はSIRUPとTakaへのメールインタビューを通して二人の交流や「GO!!」の制作背景を知るとともに、互いにアジアのアーティストして見据える未来や展望についても聞き、共通点を探る。RealSound

ライブレポート / Laura day romance

「Laura day romance oneman tour 2024『We are who we are』」と題された今回の東名阪ツアーはワンマンツアーとしては1年9カ月ぶりとなる。昨年8月に新代田FEVERで開催した単発公演「Show,Sale,Ad-lib,Wasting」はキャパシティを大きく上回る応募で即完売。ファンの待望する声に応え、今回は各会場全て過去最大のライブハウスをブッキングしたが、東京は早い段階でSoldoutし、大阪も完売。残すはファイナルの名古屋公演のみとなっている。新体制での初リリース「Young life / brighter brighter」後間もないツアーでもあり、ここから始まるローラズを占う意味も大きい。ぴあ

ライブレポート / 小林 私

8月のワンマン・ライヴの際に強く感じ、本人もMCで語っていた"なぜ今、ここで(不特定多数に向かって)歌っているのかわからない"という、目的が明快な表現者とは根本的に違うであろう小林私というシンガー・ソングライターのモチベーション。今回は小林の主催で構成作家 もののけの演出も入る形での公演である。事前にあらすじも公開され、それによると、小林は"家主"であり、彼の部屋を軸とした1日の出来事が展開するようだ。Skream!​

インタビュー/夢の結唱×THE SPELLBOUND

"BanG Dream!(バンドリ!)"と音声創作ソフトのコラボレーションにより始まった次世代プロジェクト"夢ノ結唱"の最新曲をTHE SPELLBOUNDが手掛けたことは、THE SPELLBOUNDファンにとっても、"バンドリ!"ファンにとっても画期的且つ納得度の高いものではないだろうか。Skream!

ライブレポート/ MichaelKaneko 

Michael Kanekoが『JAPAN & ASIA TOUR 2023』の一環として、自身のワンマン・ライブとしては過去最大キャパとなる東京・渋谷WWW Xでの公演を開催した。ソロでの弾き語り、結成したばかりの3ピース・バンド、brkfstblend(ブレクファストブレンド)、そしてフルバンドの3部構成で届けたこの日のライブは、それぞれの編成で魅せる彼のアーティスト/ミュージシャンとしての個性のみならず、この日を機に、より自由なアーティスト活動を展開して行こうとする彼の所信表明をも内包していたのだと、全ての演奏が終った後に気づいた。​Spincoaster

ライブレポート/ Galileo Galilei

Galileo Galileiにとってもファンにとっても2023年は忘れ難い年になった。昨年10月、warbearのライブにてリユニオンが発表され、今年5月31日に7年ぶりのアルバム『Bee and The Whales』をリリース。同日からツアーをスタートし、同ツアー中に今回の『WINTER HARVEST』が急遽決定。しかも、前回のツアーとの間に尾崎雄貴(Vo/Gt)と岩井郁人(Gt/Key)が軸になって制作を進めたバンドのドキュメンタリー映画『劇場版 僕らのGalileo Galilei〜会えたね〜』の公開という、およそ以前の彼らからは想像できない驚きの展開が待っていたのだから。SPiCE

インタビュー/ Galileo Galilei『Bee and The Whales』インタビュー

他のどんなアウトプットでもなくGalileo Galileiでしか作り得なかった音楽が7年ぶりのオリジナルアルバム『Bee and The Whales』で鳴っている。はっきり言ってかなりとっ散らかったアルバムとも言えるし、キャリアを重ねてきた音楽家がまだこんなに自由でいられることに歓喜してしまう面もある。これまで海外の音楽を同時並行的に吸収・消化してきたスタンスとも違うし、.......SPiCE

ライブレポート/ ドレスコーズ

この人となら世界を変えられるかもしれないとか、たった今、この人と自分しか世界に存在してないような気がする――そんな幼く青い野望が新しいアート、もしくは事件を起こしてきたのだ。ドレスコーズの最新作『式日散花』が"別れ"をテーマにするに至った大きな理由は志磨遼平にとっては長年の表現における"共犯者"であり、自分を形成する魂の親のような存在であるアート・ディレクター 信藤三雄の死にあった。​                 Skream!

インタビュー/ LAGHEADS

LAGHEADS、J-POPのフィールドで勝負する理由。実力派ミュージシャン4人が集いバンドとして目指すもの 

Real Sound

レビュー/ Official髭男dism

Official髭男dism「Chessboard」「日常」レビュー

“人生”と“1日“を描いた2曲、構造とアレンジを駆使して伝える歌の核心  Real Sound

インタビュー/ KIRINJI『Steppin’ Out』インタビュー

堀込高樹のソロプロジェクトとなって2作目、キリンジ時代から通算16作目のアルバム『Steppin’ Out』が到着した。コロナ禍の内側に渦巻くエネルギーを絡めとった前作.......

usen encore

 インタビュー / 堀込泰行

最近はイベントやフェスにも精力的に出演している堀込泰行から届いた新作『星屑たち』は、ソロや馬の骨、キリンジ時代から選曲したセルフカバー+新曲からなるEP。ピアノやドラムがいない編成ながら、アレンジの手腕で新鮮でオルタナティブな印象を与える仕上がりだ。もちろん名曲のエッセンスはそのまま息づいている。 OK Music

インタビュー/ドレスコーズ『式日散花』インタビュー

コロナ禍のみならず、閉塞する現実への反抗と逃亡を幼い夏の恋に結晶させた前作『戀愛大全』(2022年10月リリースの8thアルバム)から1年空かずにリリースされるニュー・アルバム『式日散花(読み:しきじつさんか)』。……. Skream!

インタビュー/小林 私『象形に断つ』インタビュー

徹頭徹尾、一発勝負の弾き語りで鬼気迫る表現を見せたかと思えば、今歌ったことを忘れさせるような笑えたり、不条理だったりするMCで観る者を脱臼させる小林私。早くもオリジナルとしては3作目となるアルバム『象形に裁つ』をリリースする。……..Skream!

インタビュー/ TESTSET

「結果いい形になった」TESTSET、想定外を選んだ先の想定内 Bezzy

音楽コラム/ SIRUP

SIRUPは音楽の完成度と共感でシーンを更新していく iri、Skaai、uin……仲間との意欲的なコラボ曲が支持される背景    Real Sound

 インタビュー/ SIRUP

SIRUPが語る、EP『BLUE BLUR』に至るまでの心境の変化

「世界中の絶望を認めたことで楽になれた」 Real Sound

ライブ評/ Bialystocks

Bialystocks、恵比寿LIQUIDROOMに充満したオーディエンスの期待感 一回性の時間を作り上げた記憶に残る夜 RealSound

Contact

bottom of page